会社案内

Company

代表挨拶

Greeting

 当社は昭和47年12月、当社の前身であります「株式会社大商」を農薬並びに農業資材の卸業を目的として熊本市に設立したことにはじまりました。

 平成4年から諸状況の機運が熟すなか、経営基盤の拡大、経営強化、地域農業への貢献等を目的に段階的に九州内の同業7社と企業合同を実施してまいりました。

 日本の食料供給基地と称される九州において安全な農産物の増産、農業の持続的発展の実現に向け農業生産資材の総合卸業として生産者並びに関係者の信頼とご要望にしっかりお応えできる活動を日々展開しております。

 地域性の異なる生産物のコスト低減のため、化学農薬はもちろん生物農薬との併用散布技術の確立、優良種苗の供給と健全栽培に伴う肥料・育成資材の幅広い普及推進、無人ヘリ防除及び無人ボートによる水田での除草剤散布等々効率的な生産体制のご支援を永続的に強化してまいります。

 日本農業を更なる成長産業と位置付け企業倫理と遵法精神を高め、掲げた経営理念の基、総合卸業としてその使命を全ういたします。

 今後とも関係者各位のご愛顧とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

グリーンテック株式会社 代表取締役社長

経営指針

Management guidelines

ロゴマークと共に皆様の良きサポーターを目指します。

マークは豊かに育った『実り』、『発芽する種』のイメージと一つの世界から飛び出していく生命力・活力を表しています。

  1. 有益な商品技術情報を
    提供する企業を目指す

  2. 誠実に行動し
    信頼される企業を目指す

  3. 働きがいと魅力ある
    企業を目指す

  4. 常に安定成長する
    企業を目指す

お客様のお役に立つ企業をめざして

より効果の高い、より使い易い、より安全な・・・・

お客様の様々なニーズお応えできるよう当社の営業マンは、商品と技術と情報をより速くより多く、より正確にお伝えします。

お客様に密着した営業拠点で、いつでもお役に立てる体制を整えています。

会社概要

Company profile

グリーンテック紹介動画

商号 グリーンテック株式会社
資本金 96,700千円
決算期 11月
代表者 代表取締役社長 安部 了一
年商 140億円
社員数 117名(令和2年11月30日現在・役員は除く)
事業内容 化学農業薬剤・生物農業薬剤・農業資材・肥料・種子・種苗の卸販売・スカイテック事業
取引銀行 三井住友銀行、みずほ銀行、熊本銀行、大分銀行、西日本シティ銀行、十八親和銀行、農林中央金庫
事業所 18拠点

会社沿革

Corporate history

1972年12月

株式会社大商

左から岩尾長満、松木三男、
山本利治(山本農業社長)
創業当時の看板

1992年4月

中商事(株)と合併、
グリーンテック(株)商号変更

1993年4月

瑞長(株)の営業を譲り受ける

1995年11月15日

農林水産大臣感謝状を拝受

記念式典で祝辞を述べる
熊本県選出の松岡農水政務次官
農林水産大臣感謝状

1998年4月

サガ植薬販売(株)と合併

(株)九薬植薬資材部門の営業を譲受け
グリーンテック九薬(株)に商号変更

2001年10月

(株)サン・ダイコー農業・農業資材部門の
営業を譲り受ける

2006年12月

(株)アグリサポートと合併、
グリーンテック(株)に商号変更

2006年11月3日

当時松木三男社長 旭日小綬章を叙勲

皇居春秋の間で天皇陛下拝謁を終えての記念写真
農林水産大臣感謝状